2017.12.06 晩秋、哀愁

もみじの向こうに

ほんのり染まる夕暮れどき。










水元公園はみさと公園とちがって、夕日がみられる場所が限られます。
だから気づけばあっという間に沈んじゃっている、ということがあるんだけれど・・・


この後どんどん夕焼け色が濃くなっていくんだけれど、この時はまだほんのり。
こんな何でもない微かな瞬間でも、なんだか秋冬って哀愁を感じます。
一分一秒単位で表情が変わる、そしてその瞬間がたまらなく愛おしい。
愛犬と共に歩く時間も、この季節が私はいちばんあたたかい気持ちになります。











たった2枚の写真でも、
この時超寒かった、もん吉の頭にもみじが全然のらなくて爆笑だった、
でもおやつを見せたら夢中になってその間にのせられた、
「待て~」て一生懸命訴えながら撮ってた、とか・・・・・・・
その時いた場所、空気、におい、色んなことが思い出せる。


ブログにはそんな1枚1枚を載せていきたいなぁとおもっています。
昔より文章は少なくなったけど、そのぶん想いを写真にこめているつもり。です。


・・・・・・・選ぶのは大変なんですけれどね~( ̄ー ̄;)





バナー褒めていただいてうれしいです~**
にほんブログ村 犬ブログへ