2021.02.03 AIMAI

まるで、雪みたいな


砂糖菓子のような





sIMG_6584_-004.jpg






sIMG_6573_-001_20210131212401515.jpg






sIMG_6574_-002.jpg






sIMG_6581__-001.jpg






sIMG_6587_-005.jpg





いつまでたっても
名前も覚えられないけれど
やさしい気持ちになれる
もうひとつの大好きな、
もふもふでした。





sIMG_6588_-006.jpg






sIMG_6589_-007.jpg





1月2日の写真でした。

じんとくる夕暮れ
もうそろそろ、
お別れなんだなぁ。




23.gif




最後の2枚は
もうひとりの飼い主撮影。


いちばん最後のは、
ピントが合ってないのが
なんだか逆に、すきだな・・・
あいまいな感じが。


カリカリなデジタル写真よりも
フィルムぽい、暖かさのあるのが
上手になりたいなあ・・・・・


カリカリのやつは、
今時の優秀なカメラがあれば
だれでもそれっぽく
撮れちゃうもんね。




模索中。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


トイプーラブさん、
その方です〜^^
鳥さん苦手です?
シマエナガは、
顔がアザラシのような
とてつもなく可愛い鳥ですよ〜。


すずまさん
私も、目を閉じたやつ
お気に入りですー^^

2021.02.08 2月の夕暮れ

『また、あとで』

『また、明日』


当たり前のように、
続くと思っているものは

その時になってようやく
そうじゃないって、思い知らされる





sIMG_6617_-003.jpg






sIMG_6596_-001.jpg






sIMG_6604_-002.jpg





だから、後悔しないよう
毎日を大切に・・・・・
今を精一杯に生きて・・・・・

なんてよくいうけれど、
何度でも、同じことを思い知るし

いつまでたっても、
同じことに悲しんだり
苦しんだりするんだ




23.gif




夜中に、
ピエールエルメの
スイーツを食べてしまい
激しく後悔。


同じ過ちを、繰り返す( ̄∀ ̄;)





週末は、夕日をたっぷり堪能してきました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

2021.02.10 ばいばい

またいつか、会うことも

あるかもしれない





sIMG_6712_-002.jpg






sIMG_6710_-001.jpg





そのときは

心からの笑顔を

あのひとへおくろう




23.gif




1か月ぶりの夕暮れ。
太陽の位置も、
日没後の地平線の色も
変わってきた。


春はすぐそこに。




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


まだ、いかないでいいよ





sIMG_6672_-001.jpg






sIMG_6673_-002.jpg




23.gif




最後の悪あがき月間です。
名残惜しいといわんばかりに、
まだまだ怒涛の冬写真を、
自己満足に更新してゆきます。


この土日は、撮影へは行かず。
もんぽんトリミングだけで
満足してしまった私です(笑)。
ひさしぶりに2わん揃えて、
パシャパシャ遊んでしまったので、
また今度掲載していこうかな。


昨日の夜中の地震、こわかったですね。
ちょうど数日前にぼんやりと、
「もうすぐ10年経つんか・・・」とか
おもっていた矢先の、この出来事でした。


もんぽんは相変わらず、
ぽかーんとして動じず・・・・
自分自身が揺れながら、「?」て感じ。
もうちょっと危機感もってくれてもいいよ(;'∀')




皆色んな思いがある。10年前。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



バレンタインデーの次の日は、
じゅりの命日です。
もう5年が経ちました。


この時期毎年発売される、マネケンの
ストロベリーショコラワッフルを見るたびに、
あの大変だった毎日を、思い出すんだよ。



冬と春が行き交う
公園の空気感が、心地良い。




sIMG_6670_-005.jpg




sIMG_6666_-003.jpg




sIMG_6667_-001.jpg




sIMG_6665_-001.jpg




sIMG_6664_-001.jpg




sIMG_6668_-002.jpg





菜の花や桜より
ずっとこういうの、撮っていたいな。


て、また今年も同じこと
いってるよな(笑)。





23.gif





公園ではいつも
レンズをだいたい2~3本、
使いまわしています。
カメラは2台。


カメラは、こういうの撮るときは
こっち。ていう拘りがありますが、
どのレンズを使うかは、気まぐれ。


そのせいで毎回、
レンズ交換要員、もうひとりの飼い主を
振り回すことになるのですが・・・・
(リュックの中に入ってるレンズを
取り出して、付け替えを手伝ってもらう)


さすがに何年も
それをやってるせいか、
いまとなっては、阿吽の呼吸で
高速でレンズ交換が可能に。


ひどいときは、
交換して1枚撮った直後に、
やっぱりこっち、て戻したりも頻繁・・・
いつもありがとうございます!!





家族の協力無しに、撮影はできない。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ